EIN 取得顛末

EIN (Employer Identification Number) を取得しました。

iPhone の有料アプリケーションを App Store で販売するために行う契約時に Form W-8BEN を提出する必要があり、これに EIN (or ITIN)が必要となります。00-0000000 でも提出できるようですが、3年毎に From W-8BEN を更新しなければなりません。
とはいえ、3年後に Apple や iPhone、そして私自身がどうしているかわからないので、それでもよいと考えましたが、熟慮した結果、やはり EIN を取得することにしました。
熟慮といってもたいしたことではなく、00-0000000 でよいのなら EIN や ITIN の記入自体をなくし、W-8BEN は3年毎に更新する決まりにすればよいはずです。例えば、EIN を持っている人が 00-0000000 で提出した場合、それは何を意味するのでしょう。EIN の要求には何か意味があるのではと深読みしてしまい、そこから抜け出せなくなった結果が EIN を取得することにした理由です。

以下、その顛末です。

2009/2/19

Web 上に散在する情報を元に Form SS-4 を作成し、IRS へ FAX。

PDF にこちらの FAX 番号を入力しようとすると、入力可能な桁数が足らないので入力できません。仕方がないので番号を貼付けました。古いフォームには入力できていたので作為的な意図(この桁数に収まらない FAX 番号へは FAX しませんよ)を感じますが、単なるミスかもしれません。また、Form SS-4 が新しくなっているので、Web 上で参考にした古いフォームとの差異が気になりました。

2009/3/29

この時点で39日経過。

FAX こない。郵送されない。

EIN が届かない理由を考えてみました。

  • 何らかの理由で Form SS-4 が IRS に届いていない(IRS の FAX がこわれたとか)
  • 受理されたが、Form SS-4 の記述内容不備により EIN が発行されていない(可能性大)
  • EIN は発行されたが、EIN が何らかの理由で手元に届いていない(さらに日数がかかるとか)

Web で調べていると最近 EIN を取得した方々は FAX が送られてくることなく、1ヶ月後くらいに郵送されたという記述が目につきました。勝手な想像ですが、アメリカの政権が変わり、財政状況改善のため、どうせ正式文書を郵送するのだから通信費や人件費をかけるなというおふれが出たのではないでしょうか。もしくはどこかの会社が IRS の EIN 発行部署の仕事を急増させることをしたため、FAX を送ったり、記述内容の間違いを連絡するといったことを EIN 発行フローからはずしたとも考えられます。

理由がどうあれ、39日経過しても音沙汰ありません。これ以上の日数を要して郵送されてきたという体験談もありましたが、これ以上待たないことにし、また IRS に電話して確認することは私には無理なので、プロの方に代行してもらうことにしました。

2009/3/30

EIN 取得代行を行ってくれる米国税理士事務所に連絡。

料金、期間等を確認し、検討後、お願いすることにしました。また複数の EIN を持つことにならないように配慮していただきました。

2009/3/31

代行料金を振り込む。

振り込みが完了した旨と IRS へ送った Form SS-4 をメールしました。

2009/4/1

EIN 取得完了。

速攻でした。7〜10日の予定でしたが、実質1日。ちなみに私が FAX した Form SS-4 で EIN は取得できていなかったということです。取得代行をお願いして正解だったということになります。

これから EIN を取得しようとしている方で、直接 IRS へ問い合わせをしたりするのはちょっとという方はプロの方に依頼することをお勧めします。時間の節約になり、間違いもありません。もちろん料金はかかりますが、数万円の必要経費と割り切る方がよいと考えます。

EIN 取得の代行を依頼したのは福岡にある米国税理士事務所 Office T.Professional です。
また、代表の方のブログもあります。
親切丁寧に対応していただきました。

2009年8月14日追加
EIN その後
EIN その後のその後

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA